2020年08月13日

医薬品以外でも個人輸入代行で様々なものを入手することができます。

例えば私の友人は韓国ブームの時に韓国コスメを輸入して使っていたということがありました。

そもそも各種法令や国際条約などで規制されていないものであれば、何でも輸入できますし代行業者も注文を請け負ってくれます。

医薬品関連の個人輸入代行業者は基本的に医薬品、美容品、サプリあたりが限度のようですが、品物を言ってもらえれば何でも手配するような業者もいます。


手数料などは業者によって異なるので、各業者のホームページを見るなり問い合わせをして欲しいところですが、それ以外に注意すべきことがあります。

輸入する品物の、送料などを含めた総額が16,666円を超えると関税がかかってしまいますので、輸入する量にも気をつけた方が良いでしょう。

大量に輸入しなくても良いものなのに、わざわざ関税を払って沢山輸入するというのは個人輸入のメリットを放棄していることに近いです。

もちろん割引などがあって、という考慮も必要かと思いますが、高額の輸入には関税が必要になるので最終的にお得になるのか損なのかは考えた方が良いです。


私の場合は基本的にジェネリック医薬品を格安で個人輸入しているので関税がかかるような金額になることはありません。

ただアメリカの通販サイトでサプリメントを買うことがあり、その時は1万円くらいに収めて注文するようにしています。

またサプリでもタウリンが入った製品は大量に輸入すると規制対象になったりするそうなので、このあたりも気をつけています。

とはいえナイーブになる必要はなく、私自信もそこまで神経質に考えていませんので気楽にいっていいでしょう。


人によって何がほしいかというのは変わってきますから、まずは欲しいものを輸入代行してもらえる業者を探すところからが良いかと思います。


個人輸入代行で医薬品以外に入手できるもの │  

2020年08月04日

何事にもメリットとデメリットが両方存在するように、医薬品の個人輸入代行においても同様のことが言えます。

とはいえ、おおよそ自己防衛ないし自己解決できる部分が多いので人によってはデメリットに感じないかもしれません。

具体的にどのようなデメリットがあるかというと、

・医薬品の成分や副作用などの情報を調べて自分で適切なものを注文する
・使用については自己責任のもと行なう(誰かが保証してくれるわけではない)
・海外の代行業者を利用して頼むので人によって信用面で問題がある

大きなところでこの辺りが挙げられます。


挙げたところで同じことを言いますが、どれも自分の力で解決ないし防衛できることなので過剰に心配する必要はないと個人的に思います。

おおよその点で自己責任で頼むものということが言えますから、どのような成分で用法用量がいかほどでどういう副作用が出るかというのは調べて理解すれば良い話です。

また海外業者だから、という点で心配になる方もいるようですが極端な話Amazonも日本に拠点がありますがインターネット上では殆ど変わらないようなものです。

アマゾンと個人輸入代行では信用面が違うという話もありますが、正に今その信用面について話をしているわけで、個人輸入代行業者の中で最も信用できるところで注文すれば良いということになります。

どの業者もインターネット上でサイト運営していますので、業者の評判などを調べて最も有名だとか、信頼できるところで頼むというのが重要なのではないかと思います。

安物買いの銭失いという言葉がありますが、あまりにも安すぎる価格で販売していると逆に心配になってくるものです。

そもそもジェネリック医薬品は先発薬に比べて安すぎるくらいの価格だったりもしますから、この辺りは複数の業者で提示価格を調べて、あまりにもかけ離れいるものは除外した方がいいかもしれません。

何をもって信用とするかは人それぞれですから、何かしら安心できる点があるならそれを基準に業者を選ぶことによって解決するものですから、一度考えてみるのも良いかもしれません。

その結果個人輸入代行業者はちょっと・・・という結論に至ったのであれば国内のクリニックや病院で処方されているものを診察後に受け取れば良いということになりますから。


医薬品を個人輸入代行で手に入れるデメリット │  

2020年07月31日

普通に考えれば医薬品は病院で診察してもらって処方箋をもらい、処方箋を受け付けている薬局で貰うものというのは誰しも知っていることだと思います。

それでも個人輸入を代行する業者はとても多く、個人輸入すると一体なにが違うのか、というところを今日は書いていきます。


まず医薬品というのは先発薬とジェネリック薬があるということを理解しておく必要があります。

いわゆる新薬と呼ばれる今までにない成分の医薬品が発売されたとして、新薬というのは十中八九お値段が高いものです。

これは新しい医薬品を作るのに莫大なコストがかかっているからで、その先行投資を回収するという目的があって、保険適用されても結構なお金を取られてしまうものです。

にも関わらず同じ成分で安い医薬品が簡単に出てこないのは特許の関係で最低20年は同じ成分の医薬品は開発した企業、もしくはそこから権利を譲渡ないし委託された企業しか製造販売をできないようになっているからです。

ジェネリック医薬品というのは先発薬に比べて非常に安いのは開発コストが先発薬に比べて安く済んでいるからですが、この特許が切れないと発売できないという構造になっているわけですね。


そこで出てくるのがインドの製薬事情なのですが、インドは2005年まで上記のように当分の間は先発薬しか売ってはいけないという特許が存在していなかったんです。

つまりは新薬が発売されると、すぐに同じ成分で格安のジェネリックを販売しても良いという国だったので、ジェネリック医薬品メーカーがものすごく多いという状況になっています。

よほどの難病や最近のコロナのように新しい存在に対する医薬品でない限り、おおよそのジェネリック医薬品はインド製のものが存在しているという状態ですので、ジェネリック医薬品を取り扱う個人輸入代行業者のラインナップにはインド製が非常に多いんです。

同じ成分で非常に安価な医薬品が手に入る、という構造になっているので国内の処方薬じゃなくてもいいという方にとって個人輸入で入手するというのは非常に魅力的であるということになります。


ただし手放しで個人輸入が良い、ということではなくお医者さんの診察や指導があって正しく服用できるのが医薬品ですので、安易に考えてはいけないところだと思います。

あくまで安価に同じ成分の医薬品が手に入るのが個人輸入である、というのが違いということですね。


医薬品を個人輸入すると何が違うのか │  

2020年07月28日

個人輸入代行で医薬品を手に入れるためには、まず個人輸入代行を請け負っている業者を探すことから始まります。

具体的にはネットで評判などを調べて探していくことになるのですが、法に詳しい友人曰く、ここで具体的に業者名を出すと違法な広告行為になるそうなのでお手数ですがご自分で調べてみてください。

調べ方としては業者をいくつかピックアップして、ホームページの使いやすさと評判を調べていくというのがスムーズだと思います。

ここで気をつけておきたいのは考え方をフラットにして偏った情報収集をしないようにすることが大事だと思います。

例えばED治療薬やアフターピルなど自費治療の医薬品を取り扱うようなクリニックは海外製の医薬品は全て偽物だとか言うところもあります。

だったら海外の人はどうやって治療してるんだという話なんですが・・・、結構な言いようで理由としては商売敵だからです。

もちろん偽物だったというリスクは医薬品に限らずアマゾンなどで買い物をしても常にあるものですし、そもそも診察を受けた医師が実は偽物という事件だってあるわけです。

ですのであくまで偏った情報だけを鵜呑みにしないでフラットに色々な情報を見ていくことが大事だということになります。

情報を集めていくなかで頻繁に見る業者の名前が分かってくると思いますので、その辺りの有名どころでメジャーな医薬品を注文すると偽物だったとか面倒な話に巻き込まれる可能性はグッと減ります。

というか私の場合はそれを徹底して探したので特に問題なく目当ての医薬品を手に入れることができました。


医薬品を個人輸入代行するには │  

2020年07月25日

例えば家族や同居人がいる時にバレないように医薬品を個人輸入したいときがあると思います。

男性ならED治療薬だとかAGA治療薬、女性はアフターピルなんかについては周りに隠して入手したいというシチュエーションもあるはずです。

そのような時は国際郵便で郵便局留めに対応している個人輸入代行業者で注文すると良いです。


基本的に医薬品の個人輸入というのは自宅あてに発送してもらわないと個人利用と認められないのですが、郵便局留めはこの範疇に入っているのか対応している業者が多いです。

注意点としては局留めにしてしまうと不在票などが届かないので自分で荷物を追跡しないといけないという点が一番大きいと思います。

個人輸入代行に限らず個人輸入した荷物の保管期限が過ぎてしまうと、発送元の国に送り返されてしまいますから再送といっても結構な料金がかかってしまいます。

代行業者を使う場合は追跡コードが必ず送られてくるはずですので基本的に毎日見ておいた方が良いでしょう。


調べた範囲では局留め以外の選択肢はないようですから、勤め先などに送ろうとして税関で止められないように気をつけましょう。

大原則として個人輸入の配送先は自宅、もしくは郵便局留めで自分宛てに送るというのがルールになっているようです。



バレずに医薬品を個人輸入代行するには │